2005年04月27日

至福の居酒屋

自分にとって「外さない」居酒屋を一軒知ってるってのは
小確幸のひとつではないか。
(しょうかっこう。小さくはあるが、人生の上で確固としてある幸せ。)

僕にとってそれは、『大豊(だいとよ)』というお店。
大阪駅前第1ビル(通称イチビル)1Fにある店だ。
まず、この店を語る上で、名物烏賊だんごに触れないワケにはいかない。
ここの烏賊だんごの美味しさを文章で表現するのは
至難の技だ。
元々が蒲鉾店だけあって、甘味の広がる魚のすり身の中から
ブリッブリな食感のイカのぶつ切りがゴロゴロ出てくる。
感動的な味だ。どこに出しても誇れる味。
辛子醤油をつけても旨いし、つけなくても旨い。
実に必食のメニュー。
まずはこれとビールでプッハ〜ッ。

そして鰯の天ぷら。
普通天ぷらと言えば、天ぷら粉をまとわせ揚げるものだが
ここのは鱧や鱈のすり身でくるみ、卵を混ぜた衣を付けて、
ふんわり揚げた逸品。

それぞれ行く人数×偶数倍の注文をオススメします。
『遠慮のカタマリ』は争奪戦になること間違いなし。

お造りは新鮮で驚きの量だし
その他、煮物、焼き物、小鉢何でもイケる。
すべてのアテが酒と合う。
こないだ焼酎の水割り頼んだんです。
並の店なら、薄ッ!となりそうなモンですが
この店は2合徳利に絶妙な割合の芋焼酎を出してきました。

関西在住の方も、それ以外の方も、大阪・梅田に来た折りには是非!
お世辞にもオシャレな店とは言えないが
僕にとっては百点満点のお店。
ちなみに、お品書きには個々の値段は載ってません。
でも普通に食べて飲んで2人で6000円〜7000円てとこです。土、日、祝休。

あ〜行きたくなってきた。



このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shuhey1973/20186078