2007年01月06日

『アヒルと鴨のコインロッカー』

アヒルと鴨のコインロッカー


読み終えるともう1回読み返したくなります。
もっかい読んで、自分が騙された過程を再確認したくなります。



アパートの隣人・河崎が初対面にも関わらず、大学生になったばかりの「僕」に、
「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかける。
狙うは“広辞苑”ただ一冊…。

そんなつかみで始まる、現在と過去が交互に紡がれる物語。


本屋を襲うだなんて、何だか村上春樹の『パン屋再襲撃』を連想させるが、もちろん全然違う。
(でも深夜営業専門のパン屋が出てきたところは可笑しかったw)

異なる時間軸で起きる出来事が順番に語られて同時進行するのだが、
この二つの物語がどこで繋がるのか、気になってどんどん読み進めてしまう。
そして、それが繋がる終盤。
物語の結末がなんとなく予想できたりするのだが、キモの部分ではバッチリ裏切られる。
不意打ち。
気持ちいいぐらいです。

とにかく流し読みせずに、セリフや文体などしっかりと細かい所まで読んだ方が楽しめます。

伊坂幸太郎が描くラストシーンはいつもほっこり優しい感じ。
好きです。

これを読んで、ブータンに行ってみたくなりました。
そしてクロシバは、よかったです。はい。


このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shuhey1973/50597041