2007年08月22日

「チルドレン」/「グラスホッパー」

こないだ読み終わった2作品。
2日で読み終わってしまいました。
なんともったいないw


チルドレン (講談社文庫 (い111-1))


僕は本を選ぶとき、それが自分の好きな小説家のものならば、
まったくあらすじなどを確認せずにその本を買う。
その方が楽しめるから。

今回も「なんでタイトル『チルドレン』やねん」な感じで読み始めた。

案の定、初っぱなから引き込まれる。
「バンク」
場面は銀行の中。
そこで強盗の人質になっている大学生の鴨居と陣内、と、永瀬。
もうそんなシチュエーションだけで、「え、このあとどうなんの?」とワクテカである。

本作品は、作者の言葉を借りれば「短編集のふりをした長編小説」。
一編一編は短編ではあるが、通して読んで全体を見返すと確かに長編と呼べるかもしれない。
だからひとつの話を読み終わっても手が止まらなかったのか。

印象に残ったのは陣内の言葉。
盲導犬を連れている永瀬に施しをするおばさん。
過剰な同情というものは、端から見ていてなんとも言えない気分になり、
見ているこっちが沈んだ気分になりそうだが、陣内は違う。
永瀬が手に持っていたその五千円札を見て「何で、お前だけなんだよ!」と言う。
「ずるいじゃねえか」
「どうして、お前だけ特別扱いなんだよ」と。
そこで読者はホッコリとする。
そして陣内をますます好きになるw
いいなぁ。
(井上雄彦の「リアル」に出てくる野宮を思い出しました。)


この作品の中には短編が五編入ってるんだけど、
そのすべてには、ただの一人も悪人が出てこない。
そして、それぞれに少しずつ、ちょっとした奇跡が起こってる。
だから読後感が清々しいのかも知れない。

読み終えた後、表紙の絵を見ると「あ〜」ってなります。

個人的には表題作「チルドレン」が一番好き。




2冊目

グラスホッパー


「チルドレン」読み終えてすぐ読んじゃったんだよね〜。
だから自分のなかの“伊坂欲”ってのが少なかったのかもしれない。
もひとつテンションが上がらなかった。

裏の業界に住む3人の登場人物、『鈴木』、『鯨』、『蝉』。
彼らの物語が交互に語られ、その3人が最後どうなっていくのか…。
という感じ。
まぁ好き嫌いの出そうな作品だなーと思った。
会話の部分とかね。
テンポはいいんだけどね。

この3人の中では蝉が好きです。
カラッとしてるとことか、しじみを愛でるとことかね。

まぁそーだな。
65点。
若干低めw
あ、でもストーリーはさすがで面白いよ!
と意味不明なフォローw

ちなみに「ジャック・クリスピン」というロックミュージシャンと「抑圧」という映画については、
読む前にこことかここは見ない方が吉。
あとに見た方が面白いからw

このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shuhey1973/50795811
この記事へのコメント
伊坂幸太郎、僕も好きですよ。
確かに、チルドレンの方が面白くて、グラスホッパーはいまいちでした。
でも、登場人物が魅力的ですよね。
あと台詞も。
個人的には、ギャングかラッシュライフが一番好きですね。
伊坂さん以外に面白い本があれば、また紹介してください。
Posted by さわむら at 2007年08月23日 00:31
>ギャングかラッシュライフが一番好きですね。
激しく同意です!
ああ、なんか嬉しいw
Posted by シウヘイ at 2007年08月23日 22:58