2007年10月12日

内藤・亀田戦

僕はボクシングの経験なんかもちろんないけれど、このタイトルマッチを見て昔の友達のことを思い出した。


彼は6回戦のプロボクサーで、ボクシングに対してはものすごく真面目な奴だった。
エロかったけどなw

試合が近付くと食事もあまり摂らず、水分を控え、ストイックに試合に臨んでいた。
試合の前は闘志に燃えてる一方で、回りの僕らには「言うても怖いで」と笑いながら言ってたりした。
「でも、ボクサーってみんなそんなもんやと思う」とも言ってた。
「殴られることの怖さと、人を殴ることの怖さが両方あるかなぁ」と。

僕にはよく分からない。
よく分からないけれども、あの亀田家の3人の息子たちはどうなんだろうか、とか思ってしまった。



今日の試合の口直しに畑山と坂本の試合を見た。
畑山のライト級王座初防衛戦。
この時も戦前の報道とかすごかったよねぇ。

■WBA世界ライト級タイトルマッチ 畑山隆則 vs 坂本博之 Part 1 of 3


■WBA世界ライト級タイトルマッチ 畑山隆則 vs 坂本博之 Part 2 of 3
■WBA世界ライト級タイトルマッチ 畑山隆則 vs 坂本博之 Part 3 of 3


これぞボクシング。
階級の違いはあるけれど、やっぱこうでないと。

しかし、これが同じTBSの放送だというのが驚きだw



このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shuhey1973/50890450