2007年11月30日

代表監督人事の情報漏れすぎ。

オシムさんが病に倒れて以来、日本代表はずっと緊急事態。
早く次の監督決めなくちゃとみんなが思っていて、次期監督には岡田さんがなりそうな気配。

気配というか、もうW杯予選終了時まで全権委任を“明言”とか、
理事会の決定より一足早い“発表”しちゃってる。

これってどうなんでしょ。


確か1年と数ヶ月前、川淵会長はドイツW杯帰国後の記者会見で、
ジーコの後任候補について口を滑らせてオシムの名前を出し、轟々たる非難を浴びた。
人事交渉の内容をうっかり喋ってしまうとは何事かとか、
百億円の予算を預かるの組織の長がそんな軽々しいことでいいのかとか。

それが今じゃ「岡田武史」の名前が普通に飛び交ってても、それについて誰も何も言わない。

確かに今は日本サッカー界は非常の時。
この監督交代はいきなり訪れた事態。
「オシムって言っちゃったね」というのとは全然話が違うかもしれない。
どこか他の国の協会と獲得合戦をしているわけでもない。

でも…、と思う。

結局それって、相対的に多くの人が「手近なところで岡ちゃんでいいんじゃね?」
と思ってるってことの1つの現れなんじゃないかと思ったり。
「ギリギリの交渉なんてしなくていいよ」とほぼ全ての人が思ってる。
あるいは、
「協会は次期監督候補について大した手持ちのカードは持ってないからね〜。いつものことだけど。」と。

南アフリカW杯の本大会において、それなりの成績を目指すべき代表監督の人事なのに。


そして、そんな空気に協会も甘えてるように見える。
「だって急なことだからここはまぁ岡田さんで」と。
とてもベストな選択とは思えない。
もちろんこんな状況だから、本当の意味でのベストなんて望むべくもないのだけれど、
あまりにも無策すぎるだろって感じだ。
いつものことだからと呆れるのもそろそろやめたいよね。


まぁいずれにしても、ここ数週間の協会のやり様はよろしくない。
オシム監督の体調面のバックアップはしっかり出来てなかったし、
後任人事の情報はダダ漏れだし、
その漏れてくる人事の情報もパッとしないし。
しまいには次期監督も「ジーコ路線」と選んだオシムの後任に岡ちゃんを選んで
「オシム流を継承せよ」とか言い出す始末。

もうワケわかんねw


本当に大丈夫か、来年の日本代表。

このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shuhey1973/50952924
この記事へのコメント
漏れてるというより積極的に漏らしてるんだろうなというのが素人目にも良く判りますよね。
しかし、一切コメントを出さない岡田さんはすごい。予選の最後まで岡田さん、という川淵氏のコメントも岡田さんの駆け引きで言わせたのかもね。
Posted by kiki at 2007年12月01日 00:15
そうそう、「漏らしすぎ」の間違いでしたw
川淵さんのコメントは駆け引きなんですかねぇ。あの人の考えに関しては、どうしても穿った見方をしてしまいますw
Posted by シウヘイ at 2007年12月01日 00:23
岡田になってガラッとメンバーやサッカーが変わったら今までの2年間は意味無しやな。岡田がオシムのサッカーを継承するんは無理やもんね。
オシムジャパンの主力中の主力である遠藤や加地は選ばれるのかな?
Posted by 。 at 2007年12月01日 02:31
まぁ岡田監督がどんな色を出すかでしょうけど、守備的なチームになりそうな予感ですよね。
メンバーはどうなるんだろうなぁ。
Posted by シウヘイ at 2007年12月01日 10:50