2008年01月31日

ACL2009出場枠の件。

あとひと月ほどで始まる新シーズンに向けて各チームとも新体制が発表され、
いよいよなキャンプなどが始まる時期ですけども、
その前に、ちょっとあれはどうなってるんだいという事が1つ。

来年、2009年に開催されるACLの出場枠についてだ。

2009年、より魅力あるACLに

 2009年以降は、ACL決勝大会に出場するクラブチームの数を現在の29から32に拡大する方向で検討していますが、トップレベルの大会として各加盟協会の出場枠を絞る一方で、一つの協会から出場するチームを増やすことも検討しなければなりません。

〜川淵キャプテン AFCプロリーグプロジェクトの活動 AFCアジアチャンピオンズリーグの改革〜より魅力的な大会へ〜 (07.08.10) - キャプテン川淵のウィークリーコラム

2. AFCプロリーグプロジェクトの件
 
 機ィ腺藤奪廛蹈蝓璽案段粍儖会について
   第4回AFCプロリーグ特別委員会(委員長:川淵キャプテン)が、7月27日にインドネシアで開催され、下記の4つの事項が決定した。また7月29日に開催されたAFC理事会において、この決定事項が承認された。

(中略)

 3. 委員会は、各加盟協会を代表する資格があるクラブの決定方法を、以下の通り、決定した。各加盟協会からは、1〜4クラブが選出される可能性がある。
1クラブ出場の協会場合:リーグ優勝クラブ
2クラブ出場の協会場合:リーグ優勝クラブ・カップ優勝クラブ
3クラブ出場の協会場合:リーグ優勝クラブ・リーグ2位クラブ・カップ優勝クラブ
4クラブ出場の協会場合:リーグ優勝クラブ・リーグ2位クラブ・リーグ3位クラブ・カップ優勝クラブ

※ 尚、カップ優勝クラブがリーグ優勝、リーグ2位、リーグ3位を兼ねる場合は以下のように決定した。

1クラブ出場の協会場合:リーグ優勝クラブ
2クラブ出場の協会場合:リーグ優勝クラブ(兼カップ優勝クラブ)+リーグ2位クラブ
3クラブ出場の協会場合:リーグ優勝クラブ(兼カップ優勝クラブ)・リーグ2位クラブ(兼カップ優勝クラブ)+リーグ3位クラブ
4クラブ出場の協会場合:リーグ優勝クラブ(兼カップ優勝クラブ)・リーグ2位クラブ(兼カップ優勝クラブ)・リーグ3位クラブ(兼カップ優勝クラブ)+リーグ4位クラブ

〜財団法人 日本サッカー協会 平成19年度 第5回理事会 報告事項



で、日本からの出場クラブは何チームになるんだ?ということなんですが、
この「平成19年度 第1回理事会報告事項」の、
1.AFCプロリーグプロジェクトの件>.AFCプロリーグ特別委員会について>3.内容>(2)今後の主な検討事項
にあるように、まだちゃんとしたことは決まってない模様。



まぁ仮に日本からは4チーム出場となると、リーグ1位〜3位&天皇杯優勝チームが出場ということになる。
もしリーグ1位から3位までチームのうち、どこか1チームが天皇杯も制したら、
天皇杯準優勝チームではなく、リーグ4位のチームが出場するということ。
ちなみにリーグ優勝と天皇杯優勝とACL優勝チームが被ったらどうなるんだろう。
リーグ5位まで?

まぁいずれにしてもこれは結構大きな変更点。
リーグが終わる時点では、まだ天皇杯の優勝チームは分からないわけで、
そうなると「優勝はもう無理っぽいけど4位ならなんとか…」というチームには、
また新たなチャンスが芽生えることになる。
わずかな芽ではあるけれども。


で、Jから4チームも出場することになったらどうなるんだろうねぇ。
その4チームはもちろん日本でトップのクラブなわけだから、当然代表選手も何人か抱えているはずだろうし。
戦力を充実させるために他のチームから選手をかき集めるだろうし。
「メンバー落とすな」って上から言われないためにもw

でもそうなったらますます代表とJリーグの兼ね合いって難しくなりそうな気がする。
なんとなく。
来年は最終予選の後半戦とかもあっていろいろ忙しそうだし。

まぁどうなるかはわからんけど、早くいろんなことがハッキリ決まるといいですね。

関係ないけど、海外のチームのオフィシャルHPに自分のクラブのエンブレムがあるのは何か嬉しいw

このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shuhey1973/51024577