2008年02月18日

北朝鮮戦

岡田采配ドンピシャ?
僕にはそうは思えなかった。
何を考えてあのスタメンで、あの交代なのかよく分からない。

播戸を替えて前田。
まぁこれは分かる。

次に山岸に替えて安田。
僕は安田が画面に映ったとき、
ああ加地さんを右にやって、安田が左SBに入って内田を出すんだなと思った。
ところが加地さんは右SBのまま。
安田は左サイドハーフ。

報道によると安田は岡田監督から前日に、
「お前、SBやる前にはどこやってたんや?」と聞かれ、「前の方っす」と答えたらしい。
それでいつもガンバでやっている左SBではなく前目で使われた。
岡田監督はそんなことも知らずにミチを中国まで連れて行ったのか?
そしてあんな使い方をしたってことか。
なんという行き当たりばったり。
まぁ思い付きだろうが何だろうが、それなりに結果を出したから別にいいんだけど。

監督は、
1対1で勝負できる選手というのが今回はミチ(安田)だった。彼が必要と考えた。
と言っているが、そもそも他に1対1に強い選手が安田以外にいなかったのか。
いないならなぜ招集しなかったのか。
現在Jリーグで1対1に強い選手のトップは安田理大か?
違うと思うんだけどなぁ。
確かにガンバ下部組織はパスよりもまず仕掛けることを教えているけれどもさ。
まぁでもあのベンチを見れば、流れを変えたければミチしかいないかなぁとも思うけどね。

その後駒野を投入するが駒野を左にやるかと思いきや、内田が抜けた右へ。
右サイドのスペシャリストである加地さんは左のまま。
タイ戦とは真逆の配置の両SB。
こんなことをする意味がどこにあるんだろう。
謎です。

いろんな事情で戦力を落としながらも、
引いてくる相手に先制されて、追いついての引き分けというのは上出来なのかも知れません。
でもこのメンバーに、今回は入ってないメンバーとか海外組とかが入ったらと考えると、
こんなよく分かんない交代策で何か収穫があったと言えるんでしょうか。
「収穫はなかった」ということが分かったことが収穫でしょうか。
よく分かりません。

ますますこの大会って意味ねーなーなんて思ってしまいます。

このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shuhey1973/51045383
この記事へのコメント
そもそもがミチは阿部の交代で呼ばれたのも理解しにくいのにこの使われ方。
大会の存在意義より岡田の存在意義の方を問うべきかと。
Posted by シャル at 2008年02月19日 08:55
>シャルさん
選手招集は計画的にって言いたいですよね〜。
貸し出すこっちの身にもなれ!って思います。
Posted by シウヘイ at 2008年02月22日 00:37