2008年06月03日

オマーン戦

日本 3−0 オマーン

中澤のゴールは見られなかったけど、前半途中から見てました。
見てましたっつーか、ほとんどヤットばっかり見てました。
なぜに長袖。
もう梅雨入りッスよ。

そんなヤットが今回はボランチ。
これまで長いこと2列目で使われてたりして、代表ではあんまりいいことないなぁとか、
前回(何戦だっけ)ヤットがいないことで逆にその存在感が際立ちましたけれども、
今回は本来のボランチのポジションでその王様っぷりを発揮。
彼が指揮棒を振るたびに日本の攻撃が右に左に展開されるようでした。
素敵。
ベストコンディションとはほど遠いのに良いプレーでした。
まぁオマーンのプレッシャーがなさすぎで自由にされまくってたからとも言えるんですけど。


2点目。
俊輔からなぜそこにいるんだという闘莉王にパスが通る。
闘莉王は大久保にそのボールをヘッドで落とす。
大久保はドフリーのビッグチャンス。
先日飲み会でニワカセレサポの人が「大久保って言うな。ヨシトって言え。」って言ってたんですけど、
その“ヨシト”がこれを落ち着いて決めて2-0。
いやー、すごいなヨシト。
GJです。

3点目。
左サイドで松井があり得ない感じで相手ボールを奪取。
その松井からパスを受けた俊輔がオマーンDFを1歩分交わして右足でシュート。
これが見事に決まって3-0。
あれは松井も俊輔も上手かったね。
お見事でした。


3-0という結果だけを見れば上々な感じですし、内容的にも高評価っぽいですけど、
でもやっぱりゲーム的にはつまんなかった。
それに僕にはどうにも選手の力だけで勝ったような気がしてならないです。

Q:中盤が流動的に動いていたが、チームのコンセプトだったのか?それとも選手個人のアイディアなのか?
「両方だと思う。チームのコンセプトとしてはボールをシンプルに動かすために、足を止めないということと、パスをして動くということ。言ってできれば簡単だが、選手たちは自分たちのアイディアの中でやってくれたと思っている」

[ J's GOAL ]【2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選 日本 vs オマーン】岡田武史監督(日本)記者会見コメント

なんつーかもうね、絶句するコメントですよね…。
なにそれ?
コンセプトは足を止めずにパスして動け?
当たり前じゃないかw
何を言ってるんだか。
監督になってもう半年たとうというんだから、少しぐらい「お!岡ちゃんやるな!」って思わせて欲しいね。

監督は今回自分で「引き分けか負けでクビ」とか言ってたそうですけど、
3次予選ぐらいで、しかも主力を欠いてるオマーン相手にそんな悲壮感漂わされてもねぇ(´・ω・`)

まぁこれは真剣勝負の予選ですから勝つことが第一なんですけれど、
それにしてもプロなんですからもうちょっと見てて面白いサッカーをしてくれたらなぁと思った。

このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shuhey1973/51139701
この記事へのコメント
もしかしたら選手の力だけでやらせてくれるだけ、、、ましかも、、、なんて前向き?なじぶんです。
Posted by yumo at 2008年06月03日 23:44
>yumoさん
超前向きっすねぇ〜。見習いたいと思いますw
Posted by シウヘイ at 2008年06月04日 01:01