2008年07月28日

第19節 大分トリニータ戦

J1 第19節
2008年7月26日(土) 19:03キックオフ
@万博記念競技場
ガンバ大阪00-01大分トリニータ
0-1


誰も点取ってません
69'
89'
goalMF 5 エジミウソン
GK 16 下川誠吾


おつかめさまです。

なんだかなー。
メンバーがかなり落ちていたとは言え、あまりにも酷い試合だった。
ちょっと予想はしていたけれど、悪い方の予想通りで嫌になったw
負けてもまだ面白いゲームをしてくれてたらあれだったんだけどねぇ。

とりあえず、昨日のガンバはとてもじゃないけど優勝を争おうかというチームじゃなかった。
大分のほうがずっといいサッカーをしてました。


試合開始前スタメンに倉田、平井、下平の名前を見て
「おほほほほー、にしのん世代交代着手〜?w」とか思ってワクワクしてたんだけど、
時間の経過と共に顔に黒い縦線が入っていくのが自分でも分かりました。

まぁ難しい部分もあったとは思う。
今までずーっとバレーがいる中でサッカーをやってきたのに、
それが今週になって急に「今日からバレー抜きです」と言われてそんな急に変われるはずはない。
(ホントは変わらなきゃいけなかったんだけど。)
監督も若手を抜擢してその爆発に期待してみたけれど、そううまくはいかなかったねぇ。

前半はカウンター合戦。
しかしそうなれば大分のほうに分があるのは当たり前。
惜しみない運動量とキビキビした攻守の切り替えで切れ味鋭いカウンターを仕掛けてくる。
しかも最後シュートまで持っていくもんだからリズムもいい。
前半のシュート数は確か8本:2本で大分だったんじゃなかったっけ?

一方のガンバはどうしたらいいのか分からないかのようなフラつきっぷり。
ルーカスにボールを集めるも、やっぱり向こうもそこは警戒してくるからマークも厳しくボールもカットされがち。
ここで倉田あたりが上手く散らしたり突っかけたりすれば良かったんだけど、
今回の倉田は判断の悪さも目立ちどうにも中途半端だった。
しかもあれだけパスミス連発すると痛い。

平井ももう一つだったねぇ。
まぁいいものは持ってると思うので経験を積んで成長して欲しい。
そんな簡単にエースFWは出来上がらないんだしね。
辛抱、辛抱。


後半はその倉田と平井に代えて佐々木とザキ山崎を投入。
山崎はなんかウイルス性の病気とか言われてましたけど、
あんまり大したことはなかった模様。
大したことなかったというか、ミネイロの薬草が効いたに違いない。

山崎はそのまま平井の位置へ。
佐々木が右サイドに入り、橋本がボランチへ。

で、その途中で入った佐々木がやっぱり良いです。
彼のクロスには胸が高鳴る。
突破も思い切りが良くて鋭いし。

しかしそれでも入らない。
合わない。
築かれるのはショボーンの山ばかり(´・ω・`)


69分。
パスカットされたボールをエジミウソンが持ち上がり、
下平の裏のスペースに走っていたウェズレイへパス。
ウェズレイが中へ折り返し、走り込んでいた大分の20番(高橋)が再びエジミウソンへ。
これを落ち着いて決められて失点。
ウェズレイのケアに中澤が吊り出されたためなのか何なのか、
走り込んでいた高橋もエジミウソンもドフリーだった。
2人もあそこでフリーにやらせるとそりゃ決められるわな。
まぁでも奪ってからゴールまでの素早い流れ、敵ながらあっぱれなゴールでした。


ガンバはホームで負けられないとばかりに最後はパワープレーを試みるもやっぱり不発。
ぐぬぬ…。
でももう一回やっても負けそうな気がするし、やっぱりこれは順当な負けなのだろう。


ガンバに今足りないものは何なのか。
選手がいないというのもあるけど、どうにも全体的な運動量が足りない気がする。
それが単に「量」の問題なのか、それとも動きの「質」を上げるべきなのかそのへんは分からないけれど。

4バックにして以降、ガンバはさんざん「疲れてくると勝てない」とか言われてきたけれど、
今回もまたそんな感じ。
運動量があり、遠藤の配球から選手が外・中のエリアを縦横無尽に使い中盤を圧倒。
そこにサイドバックも絡んできて攻撃の厚みを増す。
その質の高いビルドアップから、最後は優れたFWが仕上げる。
そういったゲームができれば最強に強いガンバだけれども、
やっぱりこれは選手の能力とその連携に頼る部分が大きい。
だから怪我や病気や移籍などでそれまでの選手がいなくなると、途端にそれまでのサッカーができなくなる。
もうこれは今のスタイルの構造的な問題なんだろう。

で、そんなことはもう百も承知なので言っても始まらない。
じゃあこれをどうしていくのか。
なかなか難しい問題です。

とりあえずまだまだシーズンは折り返したばかり。
幸いまだ4位だし、信じられないけれど首位と3差。
まだまだこれからッスよー。


・試合速報 | ガンバ大阪オフィシャルサイト
・[ J's GOAL ]【J1:第19節 G大阪 vs 大分】西野朗監督(G大阪)記者会見コメント
・[ J's GOAL ]【J1:第19節 G大阪 vs 大分】試合終了後の各選手コメント
・Jリーグ公式記録:ガンバ大阪−大分トリニータ

このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shuhey1973/51177866
この記事へのコメント
いや、ほんとひどい試合でしたね。
後半は押し返したけど、全体で見れば完敗と見ていいですよね。

それに将来起こるであろう世代交代の難しさも
見せつけられたような気がします。
今のガンバは若手を使い続け難いんで、どうしても若手を育てることが難しくなってます。

倉田や平井・下平なんかはいいものを持ってるんですけどね。
チームが強くなったら強くなったでまた新しい問題も出てきますね。
Posted by naoki at 2008年07月28日 01:53
おつかれござんす大分は監督がいいに違いないすよ
だから走らないやる気ない糞ミウソン差し上げますよ 糞ミウソンには殺意すら覚えるんすよ
Posted by ロビー at 2008年07月28日 09:02
ガンバが大分に負けたのは、家長の呪いすよw
Posted by 怨念 at 2008年07月28日 12:01
>naokiさん
世代交代の問題はどこのチームでも難しいミッションですけど、
ついにガンバにもジワジワと押し寄せてますよねぇ。
前から分かってたとは言え、不安になります。
昔のガンバみたいに優勝争いに絡まないでずーっと弱いままならアッサリ解決なんですけどねw

>ロビーさん
殺意てwww
もっとかわいがってあげてー!w

>怨念さん
なんでこっちが呪われなアカンねーんw
Posted by シウヘイ at 2008年07月28日 13:34