2009年05月03日

第9節 大分トリニータ戦

大分トリニータ 1−3 ガンバ大阪


見所としては前節の快勝で得たガンバの勢いは続くのか、
あるいは目下連敗中で調子の上がらない大分がいかに守りいかにして一矢報いるか、
というところだったかと思うけども、蓋を開けてみれば攻勢だったガンバがカウンターで先制されるという何ともありがちな展開。

しかしガンバは前節の東京戦につづき動き自体は良い。
神戸戦であんなに悪かったのが嘘のよう。
サッカーというのはやっぱりメンタルのスポーツなんだなぁと思わされる。

良いときのガンバっていうのは、

パスが通るときにその周りで2人目3人目が走ってる
 ↓
それがあることで次のパスコースが多くなる
 ↓
次への選択肢多くなるので出し手も迷わずにすみ判断も速くなる
 ↓
迷わないので少ないタッチでパスが回せる
 ↓
ますますポゼッションが上がる
 ↓
ポゼッションしているうちに相手の守備にギャップを作り出しそこを突く

という良い循環がある。
その上、今年はレアンドロ、チョ・ジェジンという頼もしいフィニッシャーがいるので最後の仕上げも期待できる。
この試合でもそういう流れがあったので、そのうち得点できるだろうという予感は十分にあった。

しかし先制したのは大分。
左サイド、明神をトラップ一つで交わした金崎が家長へスルーパス。
ガンバの最終ラインを抜け出した家長が藤ヶ谷と1対1になり、これを落ち着いて左足でゴール。
攻め込んでいただけにガンバとしてはアチャーな展開。
もうこれはガンバ大阪の取説に載っていそうなほどな失点の仕方だ。
まぁでも裏を取られて大ピンチを演出ってのは仕様ですので、
なんだかなぁな感じだけれどあんまりキニシナイ。
それよりも早く点取れ。

大分のカメナチオには苦労するかと思ったけれど、
かつての固さもなく失点の15分後にはレアンドロが同点ゴール。
そして後半開始早々にもチョ・ジェジンがこぼれたボールを右足で決めてあっさり逆転。
2-1。
そのあと途中交替で入った山崎がどフリーの状態で蹴りこんだセンタリングにチョ・ジェジンが反応して3-1。
試合を決定付けた。

大分にもビッグチャンスがいくつかあり、危ないシーンもあったけれども全体的に見れば完勝だったのかなと。
終盤あたりには足が止まってしまったけれども、たぶん2点差が付いて選手も気が抜けたんだろう。
ここで1点返されてたら勢い的にどうなってたか分からない。
疲れもあるんだろうけども、まぁこのへんは課題だね。


そして気になったのは久々に見た家長だ。
ゴールを決めたときのあの抜け出しは素晴らしかったけども、それ以外はホント消えてた。
相変わらずの漂いっぷり。
まぁ多くの人の脳裏にうかんだであろうこのセリフ。



       iイ彡 _=三三三f           ヽ
        !イ 彡彡´_ -_=={    二三三ニニニニヽ
       fイ 彡彡ィ 彡イ/    ィ_‐- 、   ̄ ̄ ヽ     し  ま
       f彡イ彡彡ィ/     f _ ̄ ヾユ  fヱ‐ォ     て  る
       f/ミヽ======<|-'いシ lr=〈fラ/ !フ    い  で
       イイレ、´彡f        ヽ 二 _rソ  弋_ { .リ    な  成
       fノ /) 彡!               ィ     ノ ̄l      .い   長
       トヾ__ら 'イf     u    /_ヽ,,テtt,仏  !     :
       |l|ヽ ー  '/          rfイf〃イ川トリ /      .:
       r!lト、{'ー‐    ヽ      ´    ヾミ、  /       :
      / \ゞ    ヽ   ヽ               ヽ /
      ./    \    \   ヽ          /
   /〈     \                 ノ
-‐ ´ ヽ ヽ       \\     \        人



俺はAAで書いてみたw

以前、スポルティーバの記事で名波と遠藤が対談していて、
その中で遠藤が家長の才能を評価しつつも、
運動量の足りなさについて「昔の自分を見ているようだ」と言っていたのを思い出す。
ガンバにいた頃から指摘されていたことだけども、彼はまだそこに気付いていないようだ。

遠藤は気付いた。
家長はどうか。

才能の巨大さは誰もが認めるところ。
それを錆びさせるかどうかは自分次第だ。
相手が1枚も2枚も上だった」と感じたようだが、
自分の足りないところに気付いて変わってくれるきっかけになればなぁと思う。
他チームの選手だけど、やっぱりそんな期待はしてしまいますw


まぁそんなこんなで連勝できてよかったです。
順位的にもいつの間にか4位に浮上。
総得点数もリーグトップで何よりもそれが嬉しいw
レアンドロは公式戦7試合連続ゴール。
すごいわ。

次はACL山東戦。
ここを決めれば1位突破。
しんどいでだろうけど頑張れー。

このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shuhey1973/51333268
この記事へのコメント
走らなければならないという意識を持つだけでは簡単には変われないというのが、プレースタイルの難しいところですかね。
いつまでもナビスコの大雨の浦和戦の時の家長を期待してるんですが。。。

二川と加地は浦和戦もしくは鹿島戦には復帰しますかね?
Posted by 北摂魂 at 2009年05月04日 02:40
ガンバとはもっと終盤で闘いたいす去年もガンバ戦は5月の中頃とお盆だった 日程君って本当にいるん?
Posted by ロビー at 2009年05月04日 07:25
間違えたす 去年は5月の中頃と11月の終わりだった
Posted by ロビー at 2009年05月04日 07:49
家長くん、もぉ中東にうらなあかんっぽい・・・

Posted by エース殺し at 2009年05月04日 09:57
どーも、こんばんは。
ガンバの調子が上がってきて嬉しい限りですが、大分はケガ人続出がひびいてるんですかねえ。
家長には、こんなチーム状況だからこそ奮起してもらいたいのですが。

レアンドロとジェジンの2トップは、2005年の2トップをもこえるのではないかと、とても期待しています。二人ともキャリアアップの志向が強いから、ガンバにはあまり長くはいてくれないかもしれませんが・・・
最後に、「まるで成長していない」、某ブログさんでしっかり発見しましたよwww
Posted by G.K at 2009年05月04日 23:27
もう、家長は忘れた。
グルノーブルに行くもよし、大分でJ2を戦うもよし。

嫌いじゃないけど、今のままじゃガンバに帰ってきても出番は確実に無いだろうし。
何が彼にとって一番いいんでしょうね。

綺麗な嫁さん貰ったんだし、死ぬ気で変わらないと・・・なんなのあの余裕は。
Posted by ボブ at 2009年05月05日 02:29
>北摂魂さん
ホントそうですよねー。
頭では分かっても実際自分を変えるのって難しいもんですよね。
家長にはいつまでも期待してしまいます。

フタと加地さん、早く見たいですよねw

>ロビーさん
浦和は最近勝ちすぎだぞ!
もっと自重して下さい!!w

>エース殺しさん
獲得しようとする人はよっぽどの物好きでしょうw

>G.Kさん
大分さんは高松がいなかったりいろいろと事情があるみたいですねぇ。
ここで救世主とかになれば格好いいのにね。
レアンドロはマジで後生に語り継がれるストライカーになりそうですよねw

>ボブさん
あの余裕は見てるこっちがヤキモキしますよねw
もっと危機感持てとw
何があれば彼は変わるんでしょうかね。
Posted by シウヘイ at 2009年05月07日 00:44