2010年03月20日

第3節 アルビレックス新潟戦

ガンバ大阪 0−0 アルビレックス新潟


ガンバと新潟、ここまで1敗1分けと両チーム勝利のない中で迎えたこの試合。
新潟さんには申し訳ないけれども、今日は勝ってくれると思ってた。
ホームだし。

ところがガンバは相変わらず前線がふん詰まりで停滞気味。攻撃は単調な上に雑でしかも相手にも完全に読まれてる。
刺激の無さはまるで倦怠期の夫婦のよう。そんな感じなのでフィニッシュまでいけず。超ストレスフル。こんな夜に発射できないなんて。夜じゃないけど。

シュート撃てよ、シュートをよー。
後半にあったミチと加地さんのシュートは良かった。思い切り良かったし。ああいうのを繰り返せばチームの勢いもノッてくるし、シュートを撃つことで相手に揺さぶりをかけることもできる。
あの2本のシュートはホント惜しかったです。

チームの状況も悪けりゃ監督の采配ミスもありでさらにgdgd。
ルーカスに代えてPJを投入したものの、24分後にまた途中交代で下げるというブサイクなカードの切り方。何がしたいんだ。ミスキャストかどうか使ってみないと分からないのでしょうか。

そしてその下がったペドロがピッチを出た瞬間にベンチに向かって「なんで俺を外すんだ!」的な抗議のゼスチャーを見せたあと、着ていたユニを地面に叩きつけた。ピッチを出たのがゴールライン側からだったのでちょうど僕らは目の前でそのシーンを見てしまったわけだけどあれはないわー。
俺たちが愛してやまないガンバ大阪のユニフォームを、地面に叩き付けるだけのどんな理由がお前にあるというのだ。
ペドロにとってどれほど正当な理由があろうが俺らはそんなもの認めない。
そのユニを着るのがイヤなら二度と袖を通さなくて結構。さっさと出て行ってくれて構わない。結果を出せてないのは他の誰でもない、自分の責任だろうに。


そのPJに変わって入った平井は良かった。
やっぱり平井みたいに裏に抜けるタイプの方が今のガンバの中盤に合うと思う。今のところはまだ能力的に物足りないところもあるけれど他のFWは期待できない現状、ここは我慢してでも使い続けるべし。
平井が入ってまるで便秘が治ったかのような流れの良くなりっぷりだった。そんくらい良かった。


いやー、しかしそれにしても勝てないな。
勝てないだけならまだしも点が取れないからな。
重症だぞこれ。
しかも監督のコメント読む限り打開のための策は持っていそうにない。
というか、問題としてあまり認識してなさそうな雰囲気もうかがえる。
見ている感じとしてはおととし(2008年)の勝てない時期に似ているような気もする。問題というよりも一つのきっかけさえあればという感じか。
となると、あの時のアル・カラマ戦的なものが今また必要なのか。
シンガポールで勝って何かを掴んでくれればいいと思うけれども。

このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shuhey1973/51493269
この記事へのコメント
PJを切ってダビィほしいです。
Posted by エース殺し at 2010年03月20日 23:46
しかし山崎はいない・・・平井に期待するしかないか。
Posted by k29 at 2010年03月21日 02:04
>エース殺しさん
ダビィて名前、久々に見たわw

>k29さん
山崎はいて欲しかったですよねぇ。
でも平井が覚醒しつつあるようで嬉しいですw
このまま成長してほしいですね。
Posted by シウヘイ at 2010年03月25日 00:53