2010年05月15日

ACL Round of 16 城南一和戦

城南一和 3−0 ガンバ大阪


えーと、もうベッコリとヘコんでしまいまして、こういうときはどうしたらいいのかっていうとその対象から離れてもうそのことを考えない。いわゆる現実逃避ってやつなんですけども、もうそんな感じでここ数日はガンバのことなんて大キライ!→雨の中を走って帰る、みたいなそんな感じでした。気持ち的に。


で、試合なんですけども、またも監督は3バックを選択。
なんでなのよ。
これは本当にちょっと理解できない。他の選択肢よりもそれがベストだったわけですか。

3-5-2というよりも3-1-3-1-2という感じ。
攻めるルートはフタ+2トップのみというあまりの選択肢のなさ。
当然相手に読まれて簡単に止められる。
守っては明神の脇がスカスカでサイドの2人、安田と加地さんはバックラインへ吸い込まれ、城南はスペースたっぷりでやりたい放題になる始末。

後半から平井を入れて4バックに。
これでいつものガンバに戻って攻撃も活性化。じゃあ最初からこれをやっとけよと。3バックはなんだったのかと。
これで生き返ったかに思えたガンバですけども、不運なPKで先制され、それに追い付くような末脚もなく失速。終わってみれば0-3の完敗だった。

もうこれは采配ミスと言わざるを得ない。
思えば去年のR16川崎戦も監督の交代策のマズさが敗戦に繋がったような試合だった。
去年あんなツライ思いを味わったのに、今年もまた同じ舞台で同じ目にあってしまった。
もうホントこりごりです。


今年もACLが終わってしまった。
こんなところで。
もうチームとしていろいろと限界が来てるんだろうねぇ…。
寂しくなるわ。

このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shuhey1973/51517746
この記事へのコメント
次の湘南戦は勝ってくれるはず。

負ければもぉなんかやばそうです。
Posted by エース殺し at 2010年05月15日 10:48