2010年10月25日

第27節 京都サンガ戦

京都サンガ 1−2 ガンバ大阪


まぁなんというかそんなに特筆すべき事もあまりなく。
残り全部勝たなきゃいけないのに前半寝過ぎとか、シュート少なすぎとか、サッサと目を覚ませとか、安田キレキレとか、1点目のヤットのスルーパスすげえええええええ!!!!!とか、今日も宇佐美は効いてたねとか、佐々木よく決めたー!とか、やっぱり平井は下位チームからしか点取れないのかとか、明神さん復帰おめでとうとか、パーサのアウェイサポを挑発するお決まりの芸は様式美でいとおかしだねとか、水本にブーイングすんの飽きてきたとか、ま  た  雨  か  とかそんなこんな。

まぁガンバが前半寝過ぎというよりも京都が素晴らしかったと言った方が正しいような感じ。
試合開始直後からハイペースでガンバを追いつめる京都にもう少し決定的な仕上げをするフィニッシャーがいればゲームは違った結果になっただろう。
That's たられば。

ほいで後半。
足の止まりかかった相手に対し明神と佐々木がいい仕事をした。
明神はさすがだね。
佐々木も最近はサイド一辺倒じゃなくなって中もできるしプレーの幅が出てきたね。

監督も言ってるとおり前半と後半で遠藤さんのパフォーマンスが結構違ったんですけども、2得点に絡むあの仕事ぶりはさすが。
試合を見ながらもし相手チームに遠藤保仁がいたら僕らは彼をどんなふうに感じるんだろうなーなんてことを思った。
味方で良かった。


まぁそんな感じで勝てて良かったです。
あと7試合。
勝ち点8がそろそろ遠く感じてくるころ。

このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shuhey1973/51604706