2011年03月02日

ACLグループステージ第1節 メルボルン・ビクトリー戦

ガンバ大阪 5−1 メルボルン・ビクトリー


ついに始まった2011シーズン。
お正月です。
あけましておめでとうございます。
まずはリーグより一足お先にACL開幕。
お相手はメルボルン。
なんかメルボルンは他人とは思えない雰囲気があります。旧い友達っぽい。


スタメンは次の通り。


  アドリアーノ  グノ

宇佐美        二川

    遠藤  武井

下平 山口  正也 加地

     藤ヶ谷




メンバー若ッ!平均年齢いくつよ。
08年のメルボルン戦を知ってるのは4人だけ。
とにかくテンションの上がるスタメンである。
フタが戻ってきたのも個人的には嬉しい。
永田さんのメルマガによると、金正也のスタメンは97年の斎藤大輔以来となるシーズン初公式戦でのルーキー出場らしい。
すごいね。


僕はキックオフには間に合わなくて、万博に着いたのは前半ロスタイム。
着くまで電車の中でTwitter見てたら「先制キタ━(゚∀゚)━!」とか「武井キター」とか言ってんの。
武井が決めたのかな?と思ってリロードしたら今度はPK決めたー!とか言ってんの。もう何が何だかw
ほいでそのあとまたイグノが決めて3点目。見れてないけど。
これで試合はもうほとんど決まり。見れてないけど。
10分で3-0て。

でもまぁガンバ大阪は失点しないといけない決まりがありますのでとりあえず3-1にして前半終了。
CKからカウンター食らってPK与えて失点とかイカしてます。

ハーフタイムに前半はどんな感じだったか周りに聞いたところ、「楽しい!(笑顔付き)」とのこと。
これは期待。

メンバーチェンジなしで後半スタート。
いやー、確かにこれは楽しいわw
良いガンバが戻ってきたという感じ。去年のような中盤から前の手詰まり感みたいなのは皆無。ボールは回るし前線のアイデアも豊富。

注目のアドリアーノもなかなか良い。
持ったらパス出さないなんて聞いてたけども、特にそんなこともなく上手くフィットしてたと思う。満点とは言えないまでもこれからが楽しみ。ピンクより青黒の方が似合うよアドリアーノ。
今のうちから中東は住みにくい所らしいよとかウソを吹き込んどくべき。


62分にはそのアドリアーノがサイドから持ち込んでフタへ。
それを落ち着いて決める。
4-1。
あれはフタっぽいゴールだった。
アドリアーノが釣ってくれたというのもあるけど、フリーになるなり方が上手いなぁなんて思った。
あと全然関係ないけど俺フタがボール蹴ったあとのあの姿勢というかあれ大好きだわ。


そのフタも良かったし山口も戻ってきたしグノもキレキレだしスンヨンもゴール決めたし藤春、横谷も期待できるデキだったしで良いことだらけ。
キムスンヨンの連携の良さは驚きだった。
同級生コンビさすがです。

宇佐美はパサーに徹してた感があったけども、もうちょっとゴールに向かう所を見たかったかな。
まぁ昨日はああすることで2トップを生かそうとしたんだろうけど。
前に出て行ってたら逆にスペースもなくなっただろうし。

でもまぁメルボルンが酷かったのでそのへんは割り引いて見ないといけない。
10℃以上も気温が違う万博にやってきての試合だったし、ガンバにホームの利があったのは確か。
リーグが始まったらこんな試合もそうそうないだろう。
しかし「今年は楽しいガンバを見られそう」という予感に満ちたゲームだった。
もうそれだけで満足。
アジア王者奪還に向けていいスタートが切れた。



試合速報 | ガンバ大阪オフィシャルサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shuhey1973/51704726