2011年04月21日

ACLグループステージ第4節 済州ユナイテッド戦

ガンバ大阪 3−1 済州ユナイテッド


2週間ぶりの公式戦。開幕戦のダービー以来の万博。
ACLはここまでグループステージ1勝2敗の3位。R16進出のためにはもう勝ち点は落とせない。
そんな大一番の済州戦。
GSは短期決戦、ノックアウトラウンドは1発勝負。そういう常にギリギリな感じがACLの醍醐味ですよね。
リーグ戦にはない面白さ。

まぁ勝てて良かったです。
内容的にはそれほど良いと言えるほどのものでもなかったし、代表からレンタル中の遠藤さんはイマイチどころかコパ・アメリカに向けて調整中な感じ。
まぁろくにオフも取れなかった疲れが実戦の少ない変則日程の今になって出てきてると思いたいですが。


スタメンはこんな感じ。



   アド    グノ

宇佐美         二川

    遠藤  明神

下平  山口  中澤  スンヨン

      藤ヶ谷




加地さんが右臀部からハムストリングにかけての部分を痛めてたってことでスンヨンが右SB。
相変わらず怖い。

アドリアーノの2ゴールも良かったけど3点目の武井のゴラッソがもう本当に素晴らしかったな。
感動した。
2点差以上で勝ちたかった試合で、2-1の場面であのゴール。
最高でした。

あとね、もうなんというか先制しても2-0になっても「失点はするからあと1点は要るな」「せやな」みたいな会話してそれが当たり前な感じになってるガンバのゴール裏がもう大好きです。
ガンバサポはセーフティと思える点差のハードル高すぎw


試合が終わったあと、済州の選手たちがガンバゴール裏(と言ってもホーム側のペナルティエリアあたり)に挨拶に来てくれたのが印象的だった。
ああいうのは初めてかも。
どのチームに対してもやってるのか震災のこともあってのことなのか分からないけれども、あれは素敵でしたね。
やってるサッカーも個人的には好感持てるしいいチームだなと思いました。



というわけでガンバはグループ2位に順位を上げた。
メルボルンが天津に勝ったおかげで1位との勝ち点も縮めることができた。
残り2試合。
負けられない戦いが続きます。



済州ユナイテッド(韓国)/○3-1 | 試合速報 | ガンバ大阪オフィシャルサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shuhey1973/51730329