2011年05月13日

ACLグループステージ第6節 天津泰達戦

ガンバ大阪 2−0 天津泰達


すっごい雨の中、遠藤のFKと宇佐美のPKで勝利。
あれほどの雨は久しぶりのような気がする。
ナビスコで家長が無双だった浦和戦とかマグノがハットを決めた京都戦とかを思い出さずにいられない。
そしてそれでも水たまり1つできない万博のピッチ、屋根のない観客席。
泣ける。


前半からチャンスは作れていたが最後のツメが甘くなかなかゴールをこじ開けられない。
いつかは入ると思いながらもなかなか入らない。
ああ、もどかしい。ゴールが遠い。
嫌な流れ。
これでスコーンとやられて負けてしまうというのはよく聞く怪談話。
怖ろしや。
前半のうちに先制しておきたかったが、ジリジリしたまま0-0で45分が過ぎた。

後半に向けてのポイントとしては攻撃のテコ入れだ。
悪くはないがもうちょっと違った、別の角度からのパンチ的なものが欲しい。
この日のベンチには平井・川西が入ったが、監督のチョイスはやはり宇佐美。
ここのところ調子が悪いと判断されて途中交代やベンチスタートとなっているが、プレーの内容としてはさほど悪いわけではない。
むしろ平均以上だと思う。
西野の課すハードルが高いのだろう。

で、その宇佐美をどこに入れるのかと思ったら、スンヨンに代えて3-4-3のトップ左。
これで劇的に変わったということはないんだけど、やはり枚数が増えたことで圧力は増した。
一方の天津は試合を殺しに来てた。
派手にこけ、無駄に痛がり、プレーを遅らせる。
が、決して悪いチームではなかった。
身体を張った守備やカウンターなどは十分に脅威だった。

そんな膠着状態の中で次の手を打とうとした矢先に得たFK。
いい位置。
これを遠藤が見事に決める。
コース、スピードともに完璧。
あのネットが揺れて水しぶきが飛んだ瞬間は最高だった。
豪雨の中ずぶ濡れになりながら集まった馬鹿8,000人に対する最高のご褒美だったな。

勝てば1位抜けが決まるという大事な試合でしっかりと決めてくれた遠藤。
「フォルツァ ヤット 俺たちの夢を乗せ」
という彼のチャントを歌いながら、実に彼にピッタリの歌だなとしみじみ思った。


そのあと相手FKのクリアからのカウンターで、平井が抜け出しGKと1対1。
平井がキーパーを交わそうとしたところ手で引っかけられてPK獲得。
相手GKは1発レッドとなって退場。
交代枠を使い切っていた天津はフィールドプレイヤーがキーパーを務めるも、止められるはずもなく。
遠藤に「お前が蹴れ」と言われたらしい宇佐美がこれを落ち着いて決めて2-0。
ここでホイッスル。
4年連続グループステージ突破。
1位抜けは2008、2009に続いて3度目。
第2節アウェイ天津戦、第3節アウェイ済州戦で負けた時はどうなることかと思ったけれども、勝ち抜けできて本当によかったです。
おめでとうございます。
ACLはやっぱ楽しいな。





というわけで、Round of 16はダービーと相成った。
去年の12月の組み合わせ抽選のときはもしかしたらあるかも…?なんてチラッと思ったが本当に実現するとはw

ゆっとくけど、これはただのダービーじゃないからな。
同じ地域をホームとする2チームが、2チームとも前年のリーグで3位以内に入り、
翌シーズンの本大会でもグループステージで2位以内となり、
そうしてやっと実現するというスペッシャルなダービーなのだ。
そんじょそこらのダービーと一緒にしてもらっちゃ困る。

ガンバサポもセレッソサポもこの一戦には誇りを持って臨もう。
優勝までの過程としての1試合じゃない。
リーグ戦のダービーとも違う。
他のJのチームがまだ経験したことのないゲームを俺らは戦うのだ。
舞台はアジア。
そこでダービーを戦えるという喜びとこの試合の重みを噛みしめながらキックオフの笛を待ちたいと思う。
これ以上の楽しみはなかなかない。
俺たちは幸せ者だな。

まぁでも俺たちが大阪さということでひとつ。



天津泰達(中国) /○2-0 |試合速報 | ガンバ大阪オフィシャルサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shuhey1973/51739619