2011年05月22日

第12節 アルビレックス新潟戦

ガンバ大阪 2−1 アルビレックス新潟


久しぶりに開門前からの万博。
キッコフの7時間前に万博にいるってどうなのよ。他にやることないのか。
でもそんなのが楽しい。いつもの仲間とだべりながら美味G横丁を堪能するとか最高です。Jリーグを満喫してるって感じがする。
初めて食べたけどチャオチャオ餃子のお店の「韓国風ピリ辛唐揚げ(400円)」ってのが超美味しかった。
写真とかはないです。撮るの忘れた。
でもあれはオススメ。
今度ガンバドッグとかも食べてみよう。


えー、試合の方はほぼガンバペース。
だがしかし、試合の展開としてはいささかしんどいものだった。
でもその中でしっかり勝ち点3を獲れたことは大きい。

まずこの試合でひときわ目立っていたのが宇佐美。
迷いが吹っ切れたかのような積極性を見せて生き生きとしてたな。
再三ドリブルで仕掛けていくプレーは見てて本当に楽しかったです。
左SBに武井が入ったことも大きいだろう。
後ろを任せられるので攻撃に意識を持っていけたという部分もあるだろうし、この2人の左サイドでのバランスはとてもよかったと思う。
当分左SBは武井に任せても良いんじゃないだろうか。

スタートからずっと主導権は握れていたのでこれは先制点早いかもなと思っていたけども、さっそく8分。
左に流れてボールを受けたイ・グノがドリブル突破で仕掛けてボールを中に入れる。
マークを外しながらボールを受けたアドリアーノがこれを落ち着いて決めて1-0。
素晴らしいです。

アドリアーノは今季これで5点目か。
だけども正直言って僕はまだアドリアーノに対する評価が定まらないでいる。
上手いのかどうかよく分からないところもあるし、簡単な1対1を外したりもするし。
レアンドロっぽさとバレーっぽさが同居してるようなイメージ。
まぁでも長いシーズン、これからも期待です。

試合の方はこのあとフタがハイボールを競った時に額を切って流血。
すっごいボタボタ血が流れてたな。

bloody_futa


5針縫ったようだけども、24日のダービーには間に合うとのこと。
まぁ無事でよかったです。
脳震盪とか内部での出血とかではなくて。

代わりに佐々木が入ってそのままフタの位置へ。

1点なんてガンバの場合はリードのうちに入らないのでさっさと追加点を取ってもらわないと困るんですけどーなんて思ってたら、DFの連繋ミスからボールを奪われてえっ?という間に失点。
言わんこっちゃない。
ガンバの守備は基本的に縦ポンとかセットプレーとかカウンターとかそういう抜き打ちテストにはめっぽう弱いしどんなチームにもゴールをプレゼントしますのでご希望の方はコチラまでご応募ください発表は発送をもって代えさせていただきますみたいな失点でワロタ。
ほんと気前が良くてこっちも失点に対する感覚がマヒしちゃってます。


決勝ゴールはまたアドリアーノ。
チャンスはあるもののなかなか決めきれない中、ゴール前中央でボールを受けた宇佐美が思いきりの良いシュート。
これをGKが弾いたところにアドリアーノが詰めて2-1。
新潟を突き放す。
ドローかなと思ってジリジリしていた時間だったのでこれは嬉しかった。
やっぱ打たなきゃダメだって。
シュートを打った宇佐美はグッジョブでした。
もうあれは半分ぐらい宇佐美のゴールだったなw


というわけで、終わってみれば完勝と言っていいゲームでした。
リーグ戦の失点記録も継続中。
この記録を止めるのはどのチームなのか!

そんな感じで火曜日に向けて弾みがついた。
連勝はやっぱ気持ちが良いですね。

最後になったけど山口に鶴。
早くよくなれ。


アルビレックス新潟/○2-1 | 試合速報 | ガンバ大阪オフィシャルサイト


このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shuhey1973/51743668