2011年08月29日

第24節 ヴィッセル神戸戦

ヴィッセル神戸 0−4 ガンバ大阪


破壊の剣とおなべのふた(穴あき)で戦っていると言われたガンバ大阪が2戦連続完封。
すごいな。
おなべのふたでもやればできるんだな。
そしてどのゴールも素晴らしかった。
今のガンバは見ていてホント楽しい。


神戸には申し訳ないけどボーナスステージだったな。
神戸牛90分食べ放題。
昨日の神戸なら何回やっても負ける気がしない。
5戦無敗?とか何とか聞いてたので1茂木か2茂木ぐらいはやられるかなーと思っていたけど全然だった。
まぁガンバがノッているというのもあるけれど。

それにしてもホムスタは芝が最悪だった。
なんだあれは。

Q:チームの質の差を感じたというのは?
「個々の質ですね。やはりグラウンドの状態が悪く、イレギュラーなどする中で、ファーストコントロールのところで非常に神経を使ったと思います。後はパスミスであったりとか。うちに比べるとガンバは少なかったと思います。そういったところで、攻撃のリズムが作れなかったことに繋がったのかなと」


ホームチームの方がより苦しめられるって何の冗談だ。
身体を張ったギャグか何かか。
まぁホムスタの芝は昔から悪評高いけども今回もやっぱり酷かった。


あと審判もちょっと酷かった。
東城流しすぎ。

http://www.youtube.com/watch?v=ruKyyfJkNJw&feature=youtu.be&t=4m

なんだこれ。
目の前で見ててなんでこれでカードもなしなんだよ。

点が取れないイライラをすぐに表に出して荒いプレーをする大久保。
だからコイツ嫌いなんだよ。
いい歳していつまでたっても自制することを覚えない男。
馬鹿みたい。
フタも倒されたあとすぐ起きあがってスタスタスタ…じゃなくてもうちょっとアピールするとか何かないかw


しかしここんとこガンバの調子の良さ、というかすべてが噛み合ってるなという感じがすごくする。
ラフィーニャもこの試合、得点こそならなかったものの3アシストと好調、グノも素晴らしい、スンヨンも新たな一面を見せてくれている(not 変なダンス)。
佐々木も帰ってきたし、橋本の復帰も近いようだし。

あと若手の成長もありベンチも充実してきたように思う。
特に最近は武井の成長がめざましいすごい。
やはり周りに最高の手本がいること、試合経験を積めていることが大きいんだろうな。
明神と橋本を足して2で割って3をかけたような選手になってほしいななんて思ってる。




この7月8月の13試合を8勝4分け1敗という素晴らしい成績で終えた。
まさかここまでとはという感じです。
予想以上だわー。
ここ最近、ゴール裏に「いい夏にしよう」というステキな文句の書かれた素晴らしいゲーフラが掲げられていたけども、まさにその通りのいい夏になったと思う。
絵日記にしたいぐらい。


というわけで勝ち点もついに50に到達。
残り10試合。
いよいよリーグも終盤へ。
この見ていて楽しいガンバのままシーズンを駆け抜けて欲しい。

このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shuhey1973/51778850